エコカーブーム

日本の自動車の歴史は、今や「実用性」や「快適性」がもとめられるものになっています。そうした歴史があったと言うことをこの先の時代の人たちは知ることになりますし、もしかしたらこのもとめられているものは何も変わらないのかもしれません。それがエコカーやハイブリッドカーに代表されている「エコカーブーム」です。ひと無亜k誌前までの走り屋ブームやRVブームはすっかりなりを潜め、若者よりも年配のドライバーが多くなってきました。

 

その結果としてどちらかといえばもう年齢的に無理が出来ないこともあり、家族持ちの人もたくさん居るために前述の実用性や快適性というポイントがクルマにもとめられるようになったのです。それから近年の環境汚染などによって、その代表格とされているのがクルマの排気ガスや騒音であり、そうした観点から見てみてもやはり快適性をもとめる声が高くなったのです。トヨタのプリウスやホンダのインサイトなどはハイブリッドカー、そしてエコカーとしての最先端技術を駆使していますし、コンパクトカーだけでは無くミニバンにもそうしたハイブリッドエンジンの搭載車がつぎつぎに生み出されました。このように日本のクルマが変わって来たのです。


このページの先頭へ戻る