RVブーム

走り屋ブームがバブルの崩壊などによってしぼんで行く中、次にやってきたのがクロカン系の4WDを中心とする「RVブーム」でした。今の時代においてもミニバンは売れているクルマのジャンルになりますが、まだエコカーやハイブリッドカーが生み出されていないころには、今の時代にも同じようにもとめられている「実用性」が走り屋系のスポーツカーに代わって求められるようになったのです。

 

かつてその走り屋だった世代の人間が中年になり、家族や家庭を持つようになってスポーツカーでは不便であるといった人がミニバンに乗るようになった傾向が見られましたし、RVブームと言うことで走り屋では無くアウトドア派の人がパジェロやランドクルーザーなどのRV車をもともと乗っていたのを見て、その面白さが口コミや雑誌で伝わって日本の自動車の歴史にRVブーム、そしてミニバンの普及が名前を連ねたのです。それから雪の多く降る地方では4WDが多いRV車が人気をほこり、雪道の走破性が高いためにそうしたクルマを多く見かけることが出来ましたし、キャンプや海のマリンスポーツでも砂浜を走り回るのにそうしたRV車が性能の面で猛威を振るっていましたと言う逸話が存在します。


このページの先頭へ戻る