走り屋ブーム

スポーツカーを改造して、公道やサーキットで走り回る、いわゆる「走り屋」と呼ばれている人たちは今の自動車の歴史においてはあまり存在していません。ですが1970年代から1980年代後半にかけて、その走り屋が一大ブームになっていました。

 

俗に言うところの「走り屋ブーム」ですが、この時代の若者はほとんどがスポーツカーに興味を示しており、つぎつぎに生み出される安価なスポーツカーをローンを組んでまで買いもとめ、そのローンにさらにパーツを買ってローンを重ね、それを自転車操業のような形で返しながら走ることに明け暮れていた時期もありました。基本的にはスピードを求めるレース志向の人と、ただ単に走り回りたいと言う暴走族タイプの人に分かれていましたが、走り屋と呼ばれている人たちは前者のレース志向の人が当てはまります。

 

クルマだけでは無くバイクのブームもすごいものとなっており、バブルによる好景気もあいまってこの走り屋ブームが日本の自動車の歴史に名前を載せることになりました。しかしバブルの崩壊、それから走り屋の高齢化などによってブームはだんだんしぼんで行き、次のクロカン系のクルマが中心となるRVブームに移行して行くのです。


このページの先頭へ戻る