アメリカの歴史

世の中で、クルマを大衆に普及させたのはアメリカのあの歴史がなければ成し遂げられなかったことであります。そのアメリカの歴史は、日本の社会化の教科書でも紹介されることの多い「T型フォード」の普及でした。

 

T型フォードはその名前の通りあの世界的に有名なクルマのメーカーであるアメリカのフォードがつくった大衆のためのクルマであり、それまでクルマと言うものは裕福な家庭でしか手に入らないものとなっていました。しかし、これを見たフォードの人物は「自分の工場ではたらいている人の給料でも、自分のところのクルマを買えるようにしよう」と言うことでそのT型フォードの開発に着手をしたのです。

 

徹底的なコストダウンによる価格設定によって、クルマは一気に庶民にも普及するようになりました。そしてそのクルマが大衆に普及するようになったと言うことが日本でも世界史の授業で紹介されたりして、あのトヨタ自動車が大衆車の「パブリカ」や「カローラ」などを生み出したことで、アメリカの歴史から日本でも大衆車が出現するようになりました。今のアメリカのクルマは大柄なアメリカ人の体型に合わせて、エンジンもボディも大きなクルマが多いのが特徴となっています。


このページの先頭へ戻る