世界の歴史

クルマはヨーロッパから誕生した乗り物でありますが、今では日本がその主役と言っても良いほど普及するようになっりました。しかし自動車の歴史をたどっていくとやはり最初のクルマはヨーロッパに行き着き、それからアメリカ、そして日本へとやってきたのです。

 

このように世界の歴史においてクルマは欠かせないことのひとつになりますが、大きく分けるとクルマそのものの発展の歴史と、わたしたちが個人で所有することが出来るようになった個人所有の発展の歴史に分けることが出来ます。そのほかにもクルマで速さを競うスポーツであるモータースポーツの歴史もそうですし、かつてはオイルショックやバブル崩壊などの出来事もあって、それのせいで開発・生産が中止になったクルマもありました。

 

それ以外でもクルマの事故の歴史、アメリカやヨーロッパ以外での歴史も存在していますから、クルマはそれだけ世界に影響をあたえた乗り物であると言うことをうかがい知ることが出来るのです。最近の歴史を見てみると中国で2003年にマイカーブームが起こったりもしており、昔も、現在も、そしてこれから先の未来においても、クルマの世界の歴史はもっとつづいて行くものとされているのです。


このページの先頭へ戻る