戦後のオート三輪について

戦後になると今まで生産ストップしていたオート三輪も復活するようになりました。これにより、また多くの人に使われるようになっていったのです。ただ。戦後ということで改正が出来てしまい、戦前とは他所異なる状態になってしまったのですよ。

 

オート三輪は、戦前と戦時中に一般家庭に生産することが出来ない状態になり一時期、完全に生産することが出来ない状態になりました。しかし、戦後になりそれも解除されて、一般家庭にオート三輪が復活したのです。特に戦後と言うことで、かなりオート三輪を使う機会が増えたお陰で、オート三輪の普及率もかなり高くなったでしょう。

 

しかし、戦後になり自動車取締令の改正により、オート三輪に乗る場合は小型三輪の免許が必要になってしまったのです。これにより、乗れる人が減ってしまったでしょう。ですが、それでも多くの人が使う車として戦後何年かはかなり使われてきました。しかし、自動車の交通高速化に伴いオート三輪だと転倒してしまうと言う事故が多発するようになり、現在のようなオート三輪を使用しない状態になってしまったのです。

 

オート三輪は、確かに便利なものでした。戦前、戦時中、戦後の数年間とても便利な車として有名でしたね。しかし、自動車の発展によりオート三輪は衰退してしまったのです。


このページの先頭へ戻る