戦前のオート三輪について

戦前からオート三輪が普及していました。貨物自動車として、かなり使われていたのがオート三輪で、これがかなり便利だったでしょう。最初のころは、屋根が無いバイクタイプのオート三輪が多くあり、わりと乗っている人が多く居ました。戦前だと在る一定排気量以下であれば免許を必要としなかったため、かなり便利な自動車として多くの人が使っていたのです。だから、多くの人が多くの荷物を運ぶ時に活躍させることが出来るようになっていたでしょう。

 

軍用にも使われていたオート三輪が多くあり、大型のオート三輪が多く生産されました。それに伴い小型のオート三輪が生産を途絶えるまでとなり、多くの所で使われることになったのです。ほぼ全てのオート三輪市場からオート三輪が撤退状態になったのですよ。わりと小回りが良いことが評価されて、かなり戦争時に使われていたでしょう。多くの兵隊を乗せることができ、移動することが出来るのでとても使われていました。

 

このように戦前にオート三輪が使われていたのです。荷物を運ぶのにとても良く、小回りが効くため、とても良い自動車だったでしょう。わりと多くの人が使っていたオート三輪ですが、戦争に近づくにつれて生産されなくなってしまったのは、とても悲しいことでしょうね。


このページの先頭へ戻る