どれがいいのか

 

 

今では電気自動車と言っても様々な種類が出てどれを選んでいいかわからないと思います。
電気自動車は大きく分けて、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車の三つになっています。
一番普及しているのはハイブリッド車ですが、最近では残りの二つも普及しつつあります。
ではこの中のどれを選べばいいのでしょうか?

 

地球環境の面から見たらやはり断然に電気自動車です。
電気自動車は残りの二つと違い二酸化炭素を一切出しません。
ガソリンエンジンを使わないため騒音などもしない為より静かに走ることができ、さらにパーツなどの交換もしやすいのが大きな特徴です。
その反面残りの二つは走行距離が長くしっかりと走ることができます。

 

つまり賢い選び方としては長距離を走るという場合にはハイブリッド車、長距離を走ったり、短距離を走ったりとどちらも使う場合はプラグインハイブリッド車、短距離しか走らないという人は電気自動車という選び方をすればいいのです。
このように選べばより自分にあった車を選ぶことができるはずです。
これから電気自動車は多く普及されハイブリッド車だけではなく残りの二つも開発がすすめられていくでしょう。
まずは特徴をしっかりと覚えておきましょう。



このページの先頭へ戻る