電気自動車

電気とガソリンを利用して走るというのはハイブリッド車が利用していますが、やはりそれでも二酸化炭素などは排出してしまうものです。
しかし、電気のみで動く電気自動車ならば二酸化炭素を一切排出せずに走ることができるのが特徴の一つです。

 

電気自動車とはモーターを動力源にして走る車のことになります。
電気をあらかじめ二次電地に充電しておくことで電気を利用して走ることができるというわけなのです。
電気のみで走るためほかの車とは違い二酸化炭素は出さず地球環境に最も優しい車になっているのです。
もちろんそれだけではありません。
ガソリンエンジンというのはどうしても騒音がしてしまうものでしたが、この電気自動車はモーターのみで動くため騒音がなく静かに走ることができるのです。

 

さらに、維持費も安い時間帯に充電を行うことで出来るだけ抑えることができるようになります。
メンテナンスもそれほど難しくないのがこの電気自動車で壊れてしまってもすぐに治すことができるのが特徴です。
このように多くのメリットを持っているのが電気自動車になっているのです。
まだ、ハイブリッド車などに比べると走行距離は短いですが、これから伸びていき普及していくでしょう。


このページの先頭へ戻る